日常ブログ

グルメを中心に、都内の気になった情報をシェアします。

【ビブグルマン掲載店】六本木ヒルズの高級イタリアンレストラン「la Brianza」

 けやき坂通り沿い、六本木ヒルズレジデンスC棟3階にあるイタリアンレストラン「la Brianza」。こちらのお店は、ミシュランのビブグルマンにも掲載されている人気店です。
 予約していた時間より10分ほど早く着いてしまったのですが、ウェイターの方が快く出迎えて下さりました。外観はやや高級そうな雰囲気が漂っていますが、店内は賑やかで、気軽に入りやすいカジュアルなお店です。
 入店してすぐに上着を預かっていただき、ほどなくして半個室に案内されました。店内はテーブル席が中心ですが、入り口付近にカウンター席もあります。内装がモダンで落ち着いていて素敵です。


コース料理は全7品

 私たちがオーダーしたのは、コース料理の「Menu Regionale」(7,500円)。メニューの内容は、前菜3種、スペシャル、パスタ、肉又は魚料理、デザートの計7品。その他、自家製パンとゼッポレが付きます。

ゼッポレ

 まず最初に出てきたのは「ゼッポレ(ナポリ名物揚げパン)」。海苔入りの磯辺揚げのような風味がするパンで、ホカホカもっちりした食感、ほんのり塩味を感じて美味しいです。

Inizio

 イニッツィオ(=スターター)は、「北海道東方沖 ミンク鯨のカルパッチョ」。柔らかい鯨肉に塩胡椒が効いていて絶品です。ふんわりとのせられたチーズがより旨味を増します。鯨の質の良さを感じる味で、次の料理への期待が高まります。

Antipasto

 アンティパスト(=前菜)は、「本マグロ赤身のカルパッチョ」、「菊芋 フォンドゥータソース」、「ランプレドット」の3品。
 カルパッチョ和歌山県那智勝浦産のマグロ、鯨のカルパッチョほど驚きはないですが、コース料理でカルパッチョ2品が続くのは新鮮で面白い。菊芋は生でも食べれるもので、イタリアのパルマ産の生ハムにフォンドゥータソースが絡んだニョッキ(?)が添えられています。ランプレドットは、イタリア料理でいう牛もつ煮込みだそう。これは初めて食べましたが、豆が一緒に煮込まれていてなかなか不思議な味わいでした。

自家製パン

 「自家製パン」は出来立てのフォカッチャ。そのままでも美味しく食べれますが、たっぷりのオリーブオイルに浸して食べるとオイルの風味が感じられて美味しさが増します。

Speciare

 お店のスペシャル料理は「トリュフのグラタン ピエモンテ風」。この料理はどのメニューにも入っているそう。トリュフは仕上げに削ってくれます。トリュフをトロトロの半熟卵に絡めて食べるとトリュフの香りを感じられます。

Primo

 プリモ(=前菜と主菜の間にでる料理)は、「熟成牛のボロネーゼ オレッキエッテ」。オレッキエッテは耳たぶ型のパスタだそう。パスタに和牛ホロ肉と根菜のビーツを使ったソースがよく絡んで美味しいです。適量なのも嬉しいポイント。

Secondo

 セコンド(=主菜)は「北海道産 A5和牛モモ肉」。あっさりした味わいで、焼き加減も丁度良い感じ。ただメイン料理にしては少量でちょっと物足りない気も‥(お酒を嗜む人には丁度良いかも?)

Dolce

 デザートはティラミスとプリンの2種。事前に誕生日のことは伝えていなかったのですが、誕生日であることを伝えたところ、素敵な誕生日プレートをご用意して下さりました。

Caffè

 デザートにコーヒーや紅茶が付いていなかったので、カフェは追加でオーダーしました。アーモンドの焼き菓子がセットで付いてきます。
コーヒーアートが「祝」になっていて感動!お店の方々の心づかいがとても嬉しかったです。


 料理の味にはやや波があるものの、温かい心づかいを感じる接客が素晴らしいお店でした。週末のランチや特別な日のディナーにおすすめのお店です。

ラ・ブリアンツァ
〒106-0032 東京都港区六本木6-12-3 3F
10,000円(平均)4,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp